FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

認知症とアロマテラピー

2014/02/26
テレビの影響力はすごい!

昨日の、「たけしのみんなの家庭の医学」で、精油の香りを嗅いで認知症予防という内容が放送されてました。

私はテレビは見てなくて、ヤフーの急上昇ワードで知ったのですが、とても興味深い内容でした。

279.jpg


午前中からお問い合わせをいただき、欠品してる精油があります((+_+))

ローズマリー、ラベンダー、レモン、スイートオレンジの4本揃うのは明後日以降となりますので、よろしくお願いいたします。

記事を少し抜粋します。

認知症になると、これまで脳にある海馬がダメージを受けると考えられてきたが、海馬に直接つながっている「嗅神経」がダメージを受けることが判明、何らかの香りで嗅神経の機能を再生させ予防・改善につながるという。
浦上先生はどの香りがいいか分析し、ある香りに辿り着き、日本認知症学会の論文で発表、大いに注目された。

日中に集中力が高まるローズマリーと高揚効果のあるレモンをブレンド
夜は安眠効果のあるラベンダーとリラックス効果のオレンジをブレンド

活性化と沈静化をの刺激で脳の活性化が期待できるという。


脳を若返らせ認知症の予防が期待できるアロマ。浦上先生は、アロマセラピーの利点として、
「長年使われていて安全性が高い」「濃度が高く効果的に嗅神経を刺激できる」点を挙げる。

◎認知症予防が期待できるアロマの配合比率

(昼用アロマ)ローズマリー2滴とレモン1滴…午前中に2時間以上嗅ぐ
(夜用アロマ)ラベンダー2滴とオレンジ1滴…就寝1時間前から2時間以上嗅ぐ



テレビでは、昼用はペンダントを使っていたみたいですが、ティッシュやコットンにしみ込ませて、ポケットやカバンに入れておくのもいいかもしれませんね(^^)





スポンサーサイト



15:44 アロマテラピー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示