04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

アロマテラピー週一塾 vol50

2015/02/02
今日はいいお天気ですね♪

雪予報だったような。。。(^-^;

ウズウズするけど、風邪がぶり返した感じなので、ここは我慢(*_*)



今日もいってみましょー!

アロマテラピー週一塾 vol50


今週も歴史について。

乳香(フランキンセンス)や、没薬(ミルラ)は、アロマテラピーではよくつかわれていますが、

「新約聖書」のイエス・キリストの誕生の物語の中に、東方の三賢人(博士)が、

イエス誕生の馬屋で、黄金・乳香・没薬をささげたというくだりがあります。

黄金は、現生の王の象徴、乳香と没薬は、神の薬を意味するといわれています。

また、イエス・キリストの葬のり用意として、「ナルドの香油」をイエスに塗ったという一説がありますが、

これは、チベット原産のスパイク・ナルドという植物を油で抽出させたものといわれています。


古代ローマの博物誌家のプリニウスは、

大自然すべての生態に興味を抱き、「博物誌」37巻を著しました。

現在も読み続けられています。



古代から使われていた植物を現代も使えるというすばらしさ!

興味深いです♪



最後まで読んでいただきありがとうございます♪




スポンサーサイト
11:45 アロマテラピー週一塾 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示